校歌・応援歌・学園歌

校歌

作詞 柳澤 良一 / 作曲 池辺晋一郎

青空に 高くそびえる 学び舎は
若い力に 満ちあふれ
凛々しき姿 輝く瞳
明るい未来の 創造へ
大きく 大きく 羽ばたけ
ああ 金沢学院 金沢学院
我らが母校

海山へ 四方に広がる 清鐘台
久遠の真理 追い究め
鍛えた身体 きらめく叡智
平和な世界の 創造へ
大きく 大きく 飛び出せ
ああ 金沢学院 金沢学院
我らが母校

四季豊か 鳥の音響く 学園は
伝統長く 受け継いで
伸びゆく我ら みなぎる思い
夢ある文化の 創造へ
大きく 大きく 踏み出せ
ああ 金沢学院 金沢学院
我らが母校

賛歌

作詞 佐々木守 / 作曲 沢田知可子

鐘 さやか 丘に流れて
夢 集い いのち輝く
文 よめば 時のあしおと
歌 冴えて 塔はそびえる
聞いてください こころの宇宙
響く言葉が わかるはずです
ああここに 友がいる 愛がある

風 光り 川はささやく
声 満ちる 古都のまひがし
なぜ 君は ひとり泣くのか
腕 組めば 朝は来るのに
呼んでください 迷ったときは
めぐる星座が 招くはずです
ああここに 友がいる 愛がある

四季 移り 花は舞い舞う
いま 巣立つ 青春の狩人
道 はるか 嵐吹くとも
旗 かざす 瞳あざやか
翔けてください ときめく地平
はずむ明日が 見えるはずです
ああここに 友がいる 愛がある


応援歌 「われら若鷲」

作詞 遠田敬 / 作曲 今井紀子
 
二川(にせん)の水に 育(はぐく)まれ
飛び立つわれら 若鷲(わかわし)ぞ
眼下(がんか)に展(ひら)けし 学の都は(がくのと)
いらか清(さや)けき わが城下
ここに集(つど)いて青春の
歌声ひびけ空高く
ああ ああ 金沢学院
ああ ああ 金沢学院

秋声(しゅうせい) 鏡花(きょうか) 犀星(さいせい) を
うかがうわれら 若鷲ぞ
幾多郎(きたろう) 大拙(だいせつ) 譲吉(じょうきち)の
はるけき夢は わが望み
ここに集(つど)いて青春の
歌声ひびけ空高く
ああ ああ 金沢学院
ああ ああ 金沢学院

真白き涯(はて)を 究(きわ)めんと
羽ばたくわれら 若鷲ぞ
旧(ふる)き健児(けんじ)の 歩みたる
道をたどれば わが母校
ここに集(つど)いて青春の
歌声ひびけ空高く
ああ ああ 金沢学院
ああ ああ 金沢学院

学園歌 「栄光のとき」

作詞 笠森勇 / 作曲 乙田修三

春風きらめく 清鐘の
丘で鍛えた 力あり
勝利の王座 ゆるぎなく
意気たからかに ゆくところ
金沢学院 ああ 金沢学院
栄えあれ 栄えあれ

紅葉映える 清鐘の
丘で誓った 魂で
いま栄光の 時来たり
心一つに 進みゆく
金沢学院 ああ 金沢学院
栄えあれ 栄えあれ